ヤクザと家族 The Family

MOVIE
引用元:ヤクザと家族
スターサンズ / KADOKAWAより劇場で2021年1月29日に公開された「ヤクザと家族 The Family」の感想記事です。
オススメ度5.0

1999年、2005年、2019年。 時代の移り変わりに翻弄される、一人の男とその家族の物語。

作品情報

製作国:日本(2021年)

配給:スターサンズ / KADOKAWA

監督・脚本:藤井道人

本編:136分

出演:綾野剛、舘ひろし、尾野真千子、北村有起哉、市原隼人、磯村勇斗ほか

「新聞記者」の藤井直人監督と「新宿スワン」の綾野剛がタッグを組んだヤクザ映画として非常に注目を浴びていましたよね〜

予告編からもヤクザ映画の殺伐した感じより哀愁を多く感じる描写が多く感じます。

レビュー

STORY

わかりやすくも濃い内容の三部構成。

何事にも無気力な青年が初めて自分を受け入れてくれる大人に出会い、ヤクザとして家族の一員になることを決意する第一章。

家族を誰よりも大事にするヤクザとなったが故に、対立する組のヤクザを殺し刑務所へ向かう第二章。

14年の刑期を終え街も人も大きく変わった現実に困惑しながらももがき苦しむ第三章。

青年から大人に、大人から親になるに連れて深まる人間関係とそれを良しとしない反対勢力や世間を描いた大作になっています。

 

CASTING

世代を超えて描かれるため若干の齟齬が生じるも、見ている人に隙を与えな実力派揃いの布陣。

年々円熟味の増す綾野剛は3つの年代を完璧に演じ分け、磯村勇斗がしっかりバトンを引き継ぎラストに素晴らしい表情を見せてくれました。 実力派俳優がこぞって出演しているので失敗しようがないですが、絡みも完璧でした。

 

脚本

ヤクザ絡みで父親を失い反発心の抑えきれない青年期と、ヤクザながら父親感が滲み出る舘ひろし演じる柴崎組長に見初められ家族の大切さに気づき、ヤクザとしての業を背負ったがために周囲から疎まれる悲しい男の人生。

暗い内容ながら、ここまで観ている人に対して退屈感も窮屈感も疎外感も感じさせない脚本があったでしょうか。

藤井直人さんの今後の作品も非常に楽しみです。

三つの時代にまたがる山本の人生を描くにあたり、藤井監督は三本の柱を想定していた。
・第一章=「煙に巻いてきた人生」(本質的なことから逃げてきて、ヤクザに居場所を求める)
・第二章=「狼煙(のろし)をあげる人生」(自分の大切な人や家族のために立ち上がる)
・第三章=「煙たがられる人生」(ヤクザとして排除される)
キーワードは「煙」である。藤井作品には毎回ビジュアルテーマがあり、『デイアンドナイト』では風、『新聞記者』では落ち葉、『宇宙でいちばんあかるい屋根』では星を、それぞれメタファーとして写し込んでいる。今回はそれが煙であり、台本の表紙にも黒い背景に揺らめく白い煙が印刷されていた。それは消えゆくものの象徴でもある。

公式サイト production note より抜粋

非常にエモーショナルですよね~

暴力と金が渦巻く義理・人情の世界で、非日常的だからこそスリリングで魅力的に感じられると思うのですが、時代の移り変わりの中で徐々に追いやられていくヤクザという存在を、抗争ではなく家族の目線から描いた素晴らしい作品でした。

 

音楽

東京のプロデューサー/ソングライターである常田大希を中心としたバンドmillennium parade。

King Gnuの井口理を迎え作られた「FAMILIA」が映画を締めくくり完結。 エンドロールまでしっかり映画だと認識させられました。

 

デジタルネイティブなミレニアル世代のミュージシャン、映像ディレクター、CGクリエイター、デザイナー、イラストレーター等々、様々なセクションを内包しつつ、クリエイティブファーストに自在に伸縮する新しいスタイルのバンドに今後も期待が高まりますね〜

 

脚本5.0

配役5.0

演出5.0

音楽5.0

映像5.0