BKN – LAL November 13, 2022

BROOKLYN NETS
引用元:NBA.com

2連勝のネッツと5連敗のレイカーズ。

ともにカイリー・アービング、レブロン・ジェームズと主力を欠きながらも、やはりレイカーズの方が分が悪そうですね~

面白いゲームを見せてくれることを期待しましょう。

STARTERS

BROOKLYN NETS
  • Kevin Durant
  • Royce O’Neale
  • Nic Claxton
  • Joe Harris
  • Edmond Sumner
LOS ANGELES LAKERS
  • Anthony Davis
  • Patrick Beverley
  • Lonnie Walker IV
  • Troy Brown Jr.
  • Austin Reaves

ネッツは出場停止中のカイリー・アービングに加え、前回ゲーム大暴れしたセス・カリーが再び左足で欠場。

しかし渡邊雄太はロスターに復活しています!!

レイカーズはレブロン・ジェームズが引き続き欠場となっています。

GAME

スタートは両チーム探り合いの展開。

レイカーズがADを中心にしたOF展開からリズムを作り徐々にリズムを作ります。

早々のラス登場にCrypto.com Arenaが沸きますw ファンは現金なものですね〜

確かに勝ち星こそ挙げていないものの毎試合ハイパフォーマンスを披露していますので、ワクワクさせてくれますw

期待に応えるようにラスが速い展開からさらにリードを拡げます。

4分45秒には渡邊雄太がコートイン。

すぐさまADへのカバーDFとプットバック、アシストと躍動しネッツに流れを引き寄せ、一気にワンポゼッション差に。

2Qも渡邊はKDが下がったネッツのラインナップに引き続き出場します。

スリーポイントFG%が上がらないネッツを、ラスが速い展開で掻き回し得点し、レイカーズが再びリードを拡げます。

速すぎてヤバいw 2Kで無双するラスがここで垣間見えていますw

9分で下がっていた渡邊は再び6分でまたコートに。 期待されていると言っていいですよね〜

そしてすくざまADをブロックw

素晴らしい活躍を見せてくれています。

しかし、ネッツは1/14の7%と確率の悪いアウトサイドとミスコミュニケーションからターンオーバーを連発し、差を縮められない苦しい展開が続きます。

そのままリードを堅持したレイカーズが9点差で試合を折り返します。

後半は一進一退の攻防からスタート。

スリーポイントFGが上がってきたネッツが追い上げを図りますが、KDをベバリーが執拗にマーク。

そしてラス、ADが躍動するレイカーズがリードを縮めさせません。

4分30秒で渡邊コートイン。

ファーストブレイクからダンクをぶちかまします。

ホント出てきてすぐ活躍してくれますね〜w

そしてKDの連続スリーポイントで流れを掴んだネッツが11-0Runと追い上げます。

リードチェンジとはなりませんでしたがワンポゼッション差の3点差までネッツが詰め寄り最終Qを迎えます。

レイカーズは決めきれないシュートが多く苦しい時間帯となりました。

4Qも渡邊は出場機会を得ます。

スタートからラスのトマホークが炸裂。 アリーナが今日イチの大歓声に包まれますw

渡邊のスリーポイントプレイもありネッツが追い上げたいところですが、レイカーズがボールムーブから得点を重ね13-0Runとリードを拡げます。

3分半を残し差を縮められないネッツは若手をコートに送り込み白旗。

レイカーズが久々の勝利を挙げています。

BOX SCORE

BOX SCORE

ネッツはKDが31得点9リバウンド7アシスト2ブロックと安定の素晴らしいパフォーマンス。

そして我らが渡邊雄太も11得点5リバウンド2アシスト1ブロックで-9とスリーポイントこそなかったものの二桁得点とDFで躍動していました。

しかし全体のFG%が上がらず、ターンオーバーも多かったことなどが敗因となったと言って良いでしょう。

ベン・シモンズが出なかったのはどうしてかはわかりませんがw

レイカーズはADが37得点18リバウンドとインサイドを支配しました。

また、ベンチスタートで躍動しているラスが14得点6リバウンド12アシスト1ブロックと絶好調を維持しています。

そしてリーブス、ウォーカーらも流れに乗り、ターンオーバー少なくFG%も高い良いゲーム運びで勝利を挙げ、レブロン抜きで5連敗の長いトンネルを抜け出しました!!

HIGHLIGHT

 

Next Lakers Game : November 18, 2022 vs DETROIT PISTONS at Crypto.com Arena

Next Nets Game : November 15, 2022 vs SACRAMENTO KINGS at Golden 1 Center

コメント