BKN – SAS January 17, 2023

BROOKLYN NETS

11月中旬以降2か月ぶりに2連敗を喫しているネッツと5連敗でウエスト下位に沈むスパーズの一戦です。 ネッツとしてはKDを怪我で欠いて以来勝ち星がない中でそろそろチームとしてのまとまりを見せて勝利をあげたいところ。 イースト2位を保持していますが、バックス、シクサーズ、キャブスと僅差で迫っているのでどうにか差を拡げてKDの復活を待ちたいですね〜

STARTERS

BROOKLYN NETS
  • Ben Simmons
  • Seth Carry
  • Nic Claxton
  • Royce O’Neale
  • Joe Harris
SAN ANTONIO SPURS
  • Romeo Langford
  • Keldon Johnson
  • Tre Jones
  • Jeremy Sochan
  • Jakob Poeltl

スパーズはデビン・バッセル(膝)が、ネッツはケビン・デュラント(右膝)、カイリー・アービングが欠場しています。

GAME

両チームともにFGの上がらない立ち上がり。

セカンドチャンスからしぶとく得点するスパーズが9-2Runとリードすると、シモンズが早々に3ターンオーバーするネッツは、攻め手に困る苦しい展開となります。

クラクストンが2ファール目を取られると、5分半に渡邊雄太をはじめとするセカンドユニットがコートイン。

ウォーレンの連続得点で少し追い上げますが、スパーズが大きくリードしたままゲームが進み、12点差で2Qへ。

2Qは一進一退の攻防からスタート。

ネッツが速い展開から少しずつ詰め寄ると、ウォーレンの連続得点もあら14-3Runとワンポゼッション差に縮めます。

しかし、DFが機能していないネッツは、オープンからソーハンにスリーポイントを連続で沈められます。

フラストレーションが高まる中、モリスがソーハンを投げ飛ばすなど波乱もあり(笑)、両チームともにファールコールが飛び交う中、ネッツが累積26-11Runとリードチェンジ。

ターンオーバーを連続し、4分近く無得点のスパーズを、ネッツがスリーポイントが不発で引き離すことなく、タイスコアで前半を終えます。

後半は一進一退の攻防からスタート。

しっかりシュートで終わるもスリーポイントが変わらず不発のネッツと、OFが上手く組み立てられないスパーズの停滞したゲーム展開が続きます。

スパーズが速い展開から連続得点しリードを奪うと、6分を残し渡邊がコートに戻ります。

両チームFG%が高まらない展開の中、速い展開からスパーズが点差を拡げ、8点リードして最終Qへ。

4Qも一進一退の攻防からスタート。

速い展開からネッツがリードを縮めますが、互いにミスの応酬でツーポゼッションゲームとなります。

そのままクラッチタイムに入ってもネッツは詰め寄ることができず、良いところ無く敗北しています。

BOX SCORE

BOX SCORE

どちらもFG%とターンオーバーに苦しむゲームながら、数値で上回るスパーズがそのまま勝利しています。

見せ場なく惨敗したネッツはKDの欠場からこれで3連敗。 順位もイースト4位まで後退しています。

渡邊雄太は12分間の出場で0得点1リバウンドで-5。 今シーズン3度目の無得点となりました。

HIGHLIGHT

 

Next Nets Game : January 19, 2023 vs PHOENIX SUNS  at Foot Print Center

コメント