Rui Hachimura 2022-23

LOS ANGELES LAKERS
引用元:NBA.com

ウェスタンカンファレンスのファイナルまで躍進したレイカーズでしたが、ナゲッツがフランチャイズ史上初のファイナル進出を決めたことで激動となった八村塁の2022-2023シーズンも終わりを告げました。

八村にとっては契約最終年ということもあり、今後の彼のNBAキャリアを左右する重要なシーズンでしたが、トレードデッドラインを前にウィザーズからレイカーズへ移籍し、背番号を馴染みのある8番から28番に変えることとなりました。

大きな飛躍の1年となった今季を振り返ってみましょう。

Wikipedia    Twitter   Instagram NBA.com   Basketball-Reference.com

Washington Wizards

2019年のNBAドラフト全体9位で指名を受けたウィザーズとの最終シーズン。

八村はベンチからの出場と、キャリア最初の2シーズンは全てで先発出場したが故の葛藤は見て取れるようでしたね。

昨季は個人的な理由でチームを離れていた期間が続き、シーズンデビューとなったのはレギュラーシーズン40試合目。 既にチームのローテーションは固まっていたために、ベンチから立ち場を確立する格好となってしまいました。

その後もしばらくベンチからの出場が続き、初先発となったのはなんとレギュラーシーズン70試合目。 その後シーズン最終戦まで13試合連続で先発メンバーとしての出場となりました。

今季はチームがカイル・クーズマとデニ・アブディヤを先発させる方針を取った影響で、八村は本格的にシックスマンとしてのシーズンをスタートさせることとなりました。 しかし、ベンチから安定した得点力を誇り、開幕から最初の16試合中13試合で二桁得点を記録、さらにはチームも9勝7敗と好調なスタート切ることに成功しました。

八村はそこから足首の負傷で1か月ほど離脱。その期間中に、ウィザーズは3勝13敗と大きく成績を落とし、復帰後もベンチからの出場かつ安定しない起用方法でリズムになかなか上手く乗れない時期に苦しみました。 それでも30得点を2回記録するなど、持ち前の得点力で奮起する姿も度々見られました。

Los Angeles Lakers

トレード期限前の1月24日にウィザーズからレイカーズへ!!!!

チームメイトにはレブロン・ジェームズとアンソニー・デイビスという、リーグ屈指のデュオが揃った名門チームへの移籍は大きな転機となったように見受けられます。

それにしても日本人がパープル&ゴールドに身を包む時が来るとは…

レイカーズではレブロンの負傷離脱中に先発出場が続くこともあったが、基本的にはシックスマンとしての出場が続きました。

ウィザーズでは30試合で記録した平均13.0得点は、レイカーズに加入してから33試合で平均9.6得点まで落ちるも、出場時のチームの得失点を表すプラスマイナスはウィザーズでのマイナス2.3からプラス1.2に改善。 100ポゼッション平均に換算されたレーティングでも、ネットレーティングはマイナス4.7からプラス2.2まで大きく数字を伸ばしました。

トレードされた時点でのレイカーズは22勝25敗と勝率5割を切る苦しい状況にいたが、八村が加入後は21勝14敗の成績で、最終的に43勝39敗でレギュラーシーズンを終えました。

Playoffs

ウエスト7位となったレイカーズは、プレイイン・トーナメントでウルブズを倒して第7シードとしてプレイオフに進出。

第2シードのグリズリーズとのファーストラウンドGAME 1では、ベンチから29分48秒の出場で3ポイントショットを6本中5本きめる29得点の大活躍を見せます。

そしてとどまることを知らずにGAME 2でも20得点を記録し、シリーズ平均14.5得点、4.7リバウンド、3P成功率52.4%の活躍で、シリーズ突破に大きく貢献しました。

続くウォリアーズとのカンファレンス・セミファイナルでは、GAME 2で21得点の活躍を見せるも、マッチアップの都合で出場時間が沈み、他の5試合では一桁、フィールドゴール試投も減少。 それでもシリーズでの3P成功率は55.6%と高く、与えられた時間で結果を出し続けました。

ナゲッツとのカンファレンスファイナルでは、4試合で平均15.3得点を記録。 スモールボールのインサイド選手としてヨキッチをDFするなど、守備でもチームに大きく貢献。 GAME 4では先発メンバーに昇格するなど、レイカーズにとって必要不可欠な存在となっていました。

 

Stuts

Regular Seasons
  • 出場回数(GP) : 63回 Career High
  • スターター(GS) : 9回
  • 出場時間(MIN) : 23.3分
  • 得点(PTS) : 11.2点
  • リバウンド(REB) : 4.5本
  • アシスト(AST) : 0.9本
  • スティール(STL) : 0.3本
  • ブロック(BLK) : 0.4本
  • フィールドゴール成功率(FG%) : 48.6%
  • スリーポイント成功率(3PT%) : 31.9%
  • フリースロー成功率(FT%) : 74.0%
  • ターンオーバー(TO) : 0.8本
  • オフェンシブリバウンド(OREB) : 0.8本
  • ディフェンシブリバウンド(DREB) : 3.7本
  • パーソナルファール(PF) : 1.1回
  • 貢献度(EFF) : 11.3pt
  • 得失点差(+-) : 0.7点
Playoffs
  • 出場回数(GP) : 16回 Career High
  • スターター(GS) : 1回
  • 出場時間(MIN) : 24.3分
  • 得点(PTS) : 12.2点
  • リバウンド(REB) : 3.6本
  • アシスト(AST) : 0.6本
  • スティール(STL) : 0.5本 Career High
  • ブロック(BLK) : 0.3本 Career High
  • フィールドゴール成功率(FG%) : 55.7%
  • スリーポイント成功率(3PT%) : 48.7%
  • フリースロー成功率(FT%) : 88.0% Career High
  • ターンオーバー(TO) : 0.6本
  • オフェンシブリバウンド(OREB) : 0.6本
  • ディフェンシブリバウンド(DREB) : 3.1本
  • パーソナルファール(PF) : 1.6回
  • 貢献度(EFF) : 12.7pt
  • 得失点差(+-) : 1.2点

プレイオフで覚醒を見せ、スリーポイントの通算成功率で歴代トップに!!!! 

そして、レイカーズのベンチポイントのフランチャイズレコードも手にしました!!!!

Highlights

確実にレイカーズへの移籍は正解だったと言えるパフォーマンスの向上が、手に取るようにわかるハイライトとなっていますね〜

レブロンも優勝へ向けて再始動するでしょうから、是非レイカーズでまた活躍する姿が観たいですね!!

Off-season

プレイオフで大活躍を見せたことで、八村の市場価値が大幅に上昇したのは間違いないでしょう。

レイカーズは残留させるために動くであろうと予想されるも、スター選手を獲得するためにチーム状況が変わることも多々あるチーム。

来季どこでプレイするかは正直わからないところではありますが、ルーキー契約を終えて新たなフェーズへ進むのを見守るとしましょう!!

 

コメント