新 感染 ファイナル・エクスプレス

MOVIE
引用元:映画.com
ネクスト・エンターテインメント・ワールドより2017年9月1日より公開された「新 感染 ファイナル・エクスプレス」の感想記事です。
オススメ度4.7

娘であるスアンの誕生日に別居中の妻のいる釜山へ向かう娘を送るために高速鉄道KTXに乗り込んだソグ(コン・ユ)。 しかし、直前にソウル駅周辺で不審な騒ぎが起こっていた。 ソグとスアンの乗ったKTX101号に転がり乗った一人の女性からゾンビ化ウイルスが拡大し…

電車で出会う様々な人たちと協力し合い生き残ることができるのか。

まずこのトレーラーを見た衝撃は忘れられません。

こっっっわw

トレーラーのインパクトは作品を見る上で重要ですが、これは開いた口が塞がらなかった思い出がw

作品情報

原題:부산행(釜山行き)

製作国:韓国(2016年)

配給:ネクスト・エンターテインメント・ワールド

監督:ヨン・サンホ

本編:118分

出演:コン・ユ、チョン・ユミ、マ・ドンソクほか

レビュー

STORY

韓国映画初心者に近い私ですが、感情移入に差し障り皆無。

不安定な親子関係と親子愛。 家族愛。 友情。 全てを飲み込み壊しにかかる世界観。

終末の世界で交錯する勇気と責任、そして判断力。

色々考えさせられながらも考える余地を与えないテンポで次々襲い掛かる試練の連続に手に汗握りました。

 

QUALITY

TWDの大ファンが高じてゾンビ映画に関しては辛口になっていると自負していますが、もはや凌駕するハイクオリティ。

特急電車という密室がより恐怖感を煽ります。

本気で殴ってますよね?笑 と言いたくなるほどどうやって撮っているのか不思議です。

なのでアクションシーンは全てガチンコ感満載です。

 

CASTING

全ての配役がハマっていた。

特にマ・ドンソク演じるサンファがかっこよく、彼の演じる作品をピックアップしてしまいます。

韓国ドラマ・映画は役者の使い回しが多く被る印象があるので次々見てしまいますよね〜

 

 

脚本4.5

配役5.0

演出5.0

音楽4.0

映像5.0