DEN – LAL October 30, 2022

LOS ANGELES LAKERS
引用元:NBA.com

開幕5連敗のレイカーズ。 両リーグで0勝なのはついにレイカーズのみとなってしまいました…

先日力負けしたばかりのナゲッツ相手にどれだけ短期で改善できたか問われます。

低迷するスリーポイントFGやナゲッツの強力なインサイドを相手にどう戦うのか注目です。

STARTERS

DENVER NUGGETS

  • Michael Porter Jr.
  • Kentavious Caldwell-Pope
  • Aaron Gordon
  • Nikola Jokic
  • Jamal Murray

LOS ANGELES LAKERS

  • Anthony Davis
  • Troy Brown Jr.
  • Lonnie Walker IV
  • LeBron James
  • Patrick Beverley

マイケル・ポーターJr.の復活もあり恐ろしくもベストラインナップが揃ったナゲッツを相手に、レイカーズはスモールラインナップでどのように挑むのか…

レイカーズファンとしてはゲーム前から気が重たいですね~

GAME

マイケル・ポーターJr.が連続スリーポイントを決めるなどリズムよく得点するナゲッツがリードするスタート。

レブロンのレイアップ連続ミスも含めてレイカーズは厳しい立ち上がりながら、ADが踏ん張り何とかついていきます。

ベンチメンバーに代わるとデイミアン・ジョーンズの穴をすかさず攻めるナゲッツが7-0Runとリードを拡げます。

ターンオーバーも多く攻め手に困るレイカーズですが、じりじり点差を詰め2Q5分10秒にはファーストリードチェンジ。 ウエストブルックが機能しています。

そのまま何とかリードを守り切ったレイカーズが4点差で前半を終えます。

後半はレブロンが復調し得点を重ね、レイカーズがリードしていく展開からスタート。

ジャマール・マレーも本領を発揮し点の取り合いになります。

そんな中ナゲッツが7-0Runでリードチェンジしますが、レイカーズもロニー・ウォーカーの意地の連続得点を含む13-2Runと再度のリードチェンジとやり返します。

オースティン・リーブスのGOODプレーも光るプチレイクショーとなり、その後も18-2RunまでRunを増やし8点リードで最終Qを迎えます。 いや〜久々に3Qで勝ってるレイカーズを観ました笑

4Qは一進一退の攻防からスタート。

しかしシーズン24%と低迷していたスリーポイントもここまで44%と向上したレイカーズが再度7-0Runするなど徐々にリードを拡げていきます。

レブロンとADのツーメンゲームは抜群の破壊力ですし、リーブスが要所で良い活躍を見せています。 これが見たかったんだよな〜

そのまま最後までナゲッツを寄せ付けず、レイカーズが長いトンネルを抜けるシーズン初勝利を飾っています。

BOX SCORE

BOX SCORE

チームとして機能しはじめたレイカーズ。 ラスも上々ですね~

ほぼセンターを置かないスモールラインナップながら強力インサイドのナゲッツ相手にリバウンド本数で圧倒していることに加え、スリーポイントFG 13/30 の43.3%と今シーズンの24%を大きく更新し復調を果たしました。

何よりもレイカーズの今シーズン初勝利!! おめでとう!!w

HIGHLIGHT

 

Lakers Next Game : November 3, 2022 vs NEW ORLEANS PELICANS at Crypto.com Arena

コメント