LAC – CHA December 5, 2022

2022-23
引用元:NBA.com

ラスト2シーズンで4勝0敗とホーネッツ相手に抜群の相性で勝ち越しているクリッパーズ。

欠場者も多いホーネッツ相手に負けないようにしたいところです。

STARTERS

LOS ANGELES CLIPPERS
  • Reggie Jackson
  • Marcus Morris Sr.
  • Ivica Zubac
  • Kawhi Leonard
  • Paul George
CHARLOTTE HORNETS
  • Terry Rozier
  • P.J. Washington
  • Mason Plumlee
  • Jalen McDaniels
  • Kelly Oubre Jr.

クリッパーズはノーマン・パウエルが引き続き欠場ながら、ポール・ジョージ、カワイ・レナードの2大スターが復帰しています。

ホーネッツはラメロ・ボール、コディ・マーティン、ゴードン・ヘイワードと主力の欠場が続いています。

GAME

両チームともにバタバタした立ち上がりからスタート。

スリーポイントゲームで得点していきますが、テリー・ロジアーを中心としたホーネッツ、ズバッツを起点としたピックアンドロールを使うクリッパーズのオフェンスが共に機能しない停滞した展開です。

ベンチメンバーも入り互いに得点し合いますが、どちらも譲らずRunなく進み、クリッパーズが2点リードで1Qを終えます。

2Qは互いにFG%が向上した点の取り合いへ。

点の取り合いはクリッパーズの土俵と言わんばかりに、徐々にリードしていきます。

どこからでも点が取れるクリッパーズの強さが光る展開ですよね〜

一時は二桁差をつけるクリッパーズですが、ホーネッツも食い下がり、クリッパーズが9点リードして前半を終えます。

後半は緩やかなホーネッツペースからスタート。

セカンドチャンスで食い下がりワンポゼッション差に迫ります。

そのままホーネッツはテリー・ロジアーの連続得点などで一気にリードチェンジし、19-4Runとリードを拡げていきます。

一進一退の攻防となりすが、そのままリードを維持したホーネッツが6点リードして最終Qへ。

4Qはルーク・ケナードの4ポイントプレイ、ニコラ・バトゥームのスリーポイントでクリッパーズペースからスタート。 開始直後に一気にリードチェンジしていきます。

激しいブレイクの応酬となりますが、2ndユニットながらスリーポイントを確率良く決めるクリッパーズがリードを維持します。

その良い流れを受け取ってスターターが徐々に戻り始めるクリッパーズをホーネッツが追いかけます。

一気にワンポゼッション差に迫ると、一進一退の攻防の末、残り1分半に再びリードチェンジ。

全体的にタッチが悪いながら必死に食らいつくホーネッツ。 アツいですね〜

39.7秒を残しタイスコアでホーネッツボールとなりますが、ワイドオープンのスリーポイントをマクダニエルが決められず。

時間目一杯使ってクラッチシュートを決めたレナードの得点でクリッパーズが勝利しています。

BOX SCORE

BOX SCORE

P.J.ワシントン26得点、ケリー・ウーブレJr.28得点、テリー・ロジアー22得点と健闘しますが勝ちきるには難しいホーネッツ。 しばらく苦しい期間が続きそうです。

対するクリッパーズは、20得点以上決めるプレイヤーがいないながら出場選手10人全員が10点前後の点数を決めるという形。

スタッツではそこまで大差はないものの、ジョン・ウォールが12アシストで牽引したベンチメンバーが躍動し、的を絞らせなかったクリッパーズがチーム力の差を見せつけるゲームとなりました。 

怪我人さえいなければ順当にプレイオフ進出が見込めるチームなのは間違いないでしょう。

タッチが悪くとも今日のようなゲームで勝ち星を手にする強者ですよね~

爆発も観たいところですw

HIGHLIGHT

 

Next Clippers Game : December 7, 2022 vs ORLAND MAGIC at Amway Center

コメント