LAL – IND February 2, 2023

LOS ANGELES LAKERS
引用元:NBA.com

前回ゲームで大接戦の末にオーバータイムでニックスを破ったレイカーズ。

アウェー5連戦の3戦目で初めて白星をもぎ取りましたが、レブロンの通算アシスト4位に浮上するトリプルダブルの活躍に、復活したADが支配するインサイド。 そして我らが八村塁も移籍後最多となる19得点とチームとしては上々の仕上がりに見えます。 楽しみですね〜w

対するペイサーズは直近11試合で1勝10敗と苦しい時期を迎えています。 2月最初のゲームで立ち直れるか注目ですね〜

STARTERS

LOS ANGELES LAKERS
  • LeBron James
  • Anthony Davis
  • Rui Hachimura
  • Dennis Schroder
  • Patrick Beverley
INDIANA PACERS
  • Buddy Hield
  • Tyrese Haliburton
  • Myles Turner
  • Andrew Nembhard
  • Aaron Nesmith

ペイサーズは欠場者なし。

レイカーズはオースティン・リーブス(太もも裏)が欠場しています。

GAME

ティップオフからADのバイオレーション、ワンタッチのルーズボールなど、レイカーズに不穏なコールが続くスタート。 もはや誰もがレフェリーにも注目していることは間違いないですよね〜

FG%が上がらないレイカーズを尻目に得点を重ねるペイサーズがリードしていきますが、八村のファーストショットやブレイクなどで徐々にリズムを取り戻したレイカーズは、ADが牽引しワンポゼッション差に迫ります。

ラスが入り、その後は激しい点の取り合いとなりますが、スリーポイントをタッチ良く決め、ハリバートンが連続得点するなどペイサーズが再び突き離し二桁点差とします。

完全にセカンドユニットに切り替わると少しずつラスが牽引するレイカーズが点差を詰め寄る形となり、5点差で1Qを終えます。

2Qは互いに点の取り合いからスタート。

レブロンが得点、アシストと躍動しワンポゼッション差に迫りますが、ペイサーズも契約延長に合意したターナーが中外と抜群のシュート力で貢献し突き離す見応えのある一進一退の攻防となります。

ペイサーズがハードなDFと高確率のスリーポイントでリードを拡げ、再び二桁点差とします。

6分を残し八村がコートに戻りほぼスターターとなったレイカーズは、レブロンの連続得点で猛追。 8-0Runでツーポゼッション差に迫ります。

しかしレイカーズのミスなどから再びペイサーズが突き離す形で13点リードして前半を終えます。

レイカーズは追い付いては突き離されての繰り返しと苦しい展開が続きます。

後半も点の取り合いからスタート。

八村のゴール下からシュルーダーの連続スリーポイントで追撃体制のレイカーズは、ハードなDFとレブロンを起点としたOFでツーポゼッション差に詰め寄ります。

しかしエースであるハリバートンの連続得点などで再びペイサーズが二桁点差にすると、さらに拡げようと猛攻を仕掛けます。 レイカーズはセカンドユニットが入る中、ADがしっかり牽引。 完全にセカンドユニットになってもなんとかついていく形で、12点ビハインドで最終Qへ。

4Qはセカンドチャンスで繋ぐペイサーズの得点からスタート。 最大点差となる15点をつけます。

レイカーズはTB、八村のゴール下で繋ぎ、一桁点差とすると、レブロンを投入。 会場がホームかと思うほどの盛り上がりを見せますw

レイカーズはゾーンDFでペイサーズを3分以上無得点に抑え、レブロンをセンターに置くことで出来たアドバンテージで12-3Runと詰め寄りツーポゼッション差とします。 ここで突き離されずにクラッチタイムに持ち込みたいですね〜

レイカーズはADを戻し、一進一退の激しい点の取り合いを続け、激しいDFから7-0Runと詰め寄っていき、残り2分28秒にレブロンのスリーポイントで初めてのリードチェンジ!! アチい!!

その後は一進一退のシーソーゲームのままクラッチタイムへ突入!

ADのハリバートンへのブロックもあり、残り10.3秒でレイカーズが1点リードしてペイサーズのラストポゼッションへ。

ボーナスのついてないペイサーズへレイカーズがファールし時間を削り、タフショットを打たせしっかり抑えたレイカーズが接戦を制しています!!

BOX SCORE

BOX SCORE

ハリバートン、ネスミス、ターナーとバランス良く展を重ね終始リードを保ったペイサーズは素晴らしいゲーム運びでしたが、ラスト捲られるという嫌な負け方で今月をすたーとしてしまいました。

レブロン、ADをはじめベンチポイントで大きく突き離したレイカーズは良い形でアウェーで2連勝を飾っています!!

八村塁も3試合連続のスターターとして28分間の出場で7得点9リバウンド1スティールでー4と勝利に貢献しています!

次戦でアウェー5連戦の最終戦。 ペリカンズ相手にどのようなゲームをみせてくれるのか楽しみですね~

HIGHLIGHT

 

Next Lakers Game : February 4, 2023 vs NEW ORLEANS PELICANS  at Smoothie King Center

コメント