LAL – POR February 13, 2023

LOS ANGELES LAKERS
引用元:NBA.com

トレードで獲得したメンバーの躍動もあり、連敗を3で止めたレイカーズ。

充実したラインナップになってきたので、少しでも浮上するために連勝したいところです。

ブレイザーズもマティス・サイブルやキャム・レディッシュを獲得し、チームカラーに合ったプレイヤーを揃え浮上したい感じですね~ 

STARTERS

LOS ANGELES LAKERS
  • Rui Hachimura
  • Anthony Davis
  • Troy Brown Jr. IV
  • Dennis Schroder
  • D’Angelo Russell
PORTLAND TRAIL BLAZERS
  • Damian Lillard
  • Drew Eubanks
  • Cam Reddish
  • Matisse Thybulle
  • Anfernee Simons

レイカーズはレブロン・ジェームズ(足首)が、ブレイザーズはユスフ・ヌルキッチ(ふくらはぎ)、ジャスティス・ウィンズロウ(足首)が欠場しています。

GAME

互いにFG%が上がらない立ち上がりからスタート。

ディロー、ADと得点するとレイカーズが少し抜け出すと、八村もリムアタックからファールをもらい初得点をあげ、さらにプルアップを沈めるなど躍動し、DFでは2分半ブレイザーズを無得点に抑えるレイカーズがリードしていきます。

ブレイザーズはレイカーズのゾーンDFをスリーポイントで攻略。 一気にタイスコアとすると、サイモンズの連続得点などで17-2Runとブレイザーズペースへ。 完全にセカンドユニットに切り替わってもスリーポイントを確率良く決めるブレイザーズが、リラードのブザービーターもあり15点差に拡げ1Qを終えます。

2Qは点の取り合いからスタート。

タッチ良く決めるブレイザーズがさらに突き離しはじめると、これ以上突き離されるわけには行かないレイカーズはADを戻します。 ADの奮闘でなんとかついていきますが、リラードの連続得点で再び突き離すと、20点差を数えます。

ディローが牽引しレイカーズもついていきますが、リラードがスリーポイントFG 8/12と高確率で沈め、前半で30得点をあげる活躍で19点差をつけてゲームを折り返します。 手がつけられないとはこのことですよね〜

後半も点の取り合いからスタート。

一進一退の攻防が続きますが、チームとしてもスリーポイントFG%が落ちないブレイザーズがリードを堅持。 なかなか点差を詰められないレイカーズは苦しい展開が続きます。

そのままスリーポイントFGを22/44と50%の確率で決めるブレイザーズが22点差と圧倒する形で最終Qへ。

4Qは猛攻を仕掛けるレイカーズに対してFG%高く差を縮めさせないブレイザーズの激しい攻防からスタート。

一進一退の攻防が続く中、7分を残しリラードは早々にお役御免となります。

レイカーズも主力を下げますが、いかんせんガベージタイムには長すぎ、代わって入った面々は猛攻で巻き返しにいきますw 結果としてはブレイザーズがリードを守り切っての勝利となりましたが、ビーズリーのスリーポイントで追い上げ、停滞したゲームにならなかったのは良しとしましょう。

BOX SCORE

BOX SCORE

リラードの爆発的な得点力に底上げされ、チーム全体のFG%をはじめ全てのスタッツでレイカーズを序盤から圧倒したブレイザーズが圧勝する形となりました。

シーズン序盤の頃を思い出すほどの得点力は驚異的ですね〜

レイカーズはレブロンなしで苦しい状況が続きますが、トレードデッドラインを終えシーズン終盤。 ここが踏ん張りどころですよね〜 頑張ってほしいものです。

八村塁はスターターとして22分間の出場時間で8得点7リバウンド1アシスト1ブロックの-1という結果となりましたが、ブレイザーズDFの前に苦しいシチュエーションが目立ちました。

これからの躍進に期待したいですね〜

HIGHLIGHT

 

Next Lakers Game : February 15, 2023 vs NEW ORLEANS PELICANS  at Crypto.com Arena

コメント