WESTERN CONFERENCE SEMIFINALS GAME 4 : GSW – LAL MAY 8, 2023

NBA
引用元:NBA.com

GAME 3を圧倒する形で勝利をおさめたレイカーズ! これでシリーズ2-1とリードしています!!

ホーム連戦ながらシクサーズ対ボストン、ナゲッツ対サンズはいずれもシリーズタイの混戦となっていることから是が非でも抜け出したいですね〜w

STARTERS

GOLDEN STATE WARRIORS
  • Andrew Wiggins
  • Stephen Curry
  • Gary Payton ll
  • Draymond Green
  • Klay Thompson
LOS ANGELES LAKERS
  • LeBron James
  • Anthony Davis
  • Austin Reaves
  • Jarred Vanderbilt
  • D’Angelo Russell

ウォリアーズはアンドレ・イグダーラほかが、レイカーズはモー・バンバが欠場しています。

GAME

立ち上がりはADの得点から入るレイカーズがリードしますが、ウォリアーズがすぐさまやり返す激しい展開に。

そのままボールムーブからリズムを作る8-0Runでウォリアーズがリードしていきます。

しかし、セカンドユニットが入る中、互いにに激しいDFの応酬が続きますが、レイカーズがリーブスを中心にしっかり盛り返しリードチェンジ!

そのままリードを譲らずレイカーズが1点リードして1Qを終えます。

FGが両チームとも高まらない少し停滞したゲームながら、互角の展開となりました。

2Qは互いに譲らない点の取り合いからスタート。

一進一退のシーソーゲームが続き、一時はADの奮闘からレイカーズが抜け出すかに思われましたが、カリーが躍動したウォリアーズがリードを奪い返し、ウォリアーズの3点リードでゲームを折り返します。

共にFGが上がらず走る展開ではないものの、どちらも譲らない互角の展開となっています。

先に爆発するのはどちらか見ものですね〜w

後半も点の取り合いからスタート。

ウォリアーズが畳み掛けるように得点しリードを拡げますが、レイカーズもレブロンの連続得点とリーブスのスリーでリードチェンジ。

しかし、レイカーズのターンオーバーが続いたところをブレイクなどでペイトンllが連続得点し再びウォリアーズが突き離すと、トランジションDFが崩壊しているレイカーズを一気に突き離し二桁点差に。

レイカーズも負けじとレブロンのリムアタックとシュルーダーの抜群のパフォーマンスで10-4Runとし詰め寄ると、その後はツーポゼッションゲームに!

そのままウォリアーズがリードをキープして7点差で最終Qへ。

どちらも乗り切れない中、徐々にペースアップしてきましたw 

4QはハードなDFと連続得点からレイカーズが一気にタイゲームに戻すスタート! アチぃw

ロニー・ウォーカーが躍動し、そのままリードチェンジを奪います!!

その後は激しいワンポゼッションゲームの中、カリーが的確にコントロールするウォリアーズが再び盛り返すと、タイスコアでクラッチタイムに!! アチぃwww

共に点を取り合う一進一退の攻防が続きますが、ウォーカーがオンファイヤーするレイカーズが僅かに1点リードして残り1分に!!

ハードなDFで守り切ったレイカーズに対し、ウォリアーズはすかさずファールゲームに! ウォーカーが2本しっかり沈め、3点差で残り15秒と追い込みます!!!!

ウォリアーズのポゼッションとなりますが、これをシュートに持って行けず! 守り切ったレイカーズがホーム2連勝でシリーズに王手をかけています!!!!!!!!

BOX SCORE

BOX SCORE

カリーがしっかり31得点を取り、得意のボールムーブとトランジションでゲームを進め、FG%でリードしたウォリアーズでしたが、レイカーズの抜群の試合運びに敗れる形となりました。

レイカーズはレブロンがチームハイの27得点9リバウンド6アシストで牽引。

ADもしっかり仕事をしました!

そして何と言ってもウォーカーの活躍無くして今日の勝利はないでしょう!!

26年前のコービー ブライアント以来、プレーオフゲームの第4Qで15得点以上をあげたプレイヤーとなりました!!!!
 

これでシリーズ3-1としたレイカーズは、次戦ウォリアーズのホームでGAME 5を迎えます。

すんなり終わらせてもらえるとは思えませんよね~w

HIGHLIGHT

 

GAME 5 : May 10, 2023 at Chase Center

コメント