CLE – LAL November 6, 2022

LOS ANGELES LAKERS
引用元:NBA.com

レイカーズは絶好調のラッセル・ウエストブルックと絶不調のレブロン・ジェームズ。

チームとしてはスリーポイントFGも向上し上向きと言って良いと思いますので、キャブスの強力なインサイドに対しレイカーズがどう対処するか注目です。

キングのゲーム支配力が合わされば良いゲームとなりそうですね〜

STARTERS

CLEVELAND CAVALIERS

  • Darius Garland
  • Donovan Mitchell
  • Evan Mobley
  • Caris LeVert
  • Jarrett Allen
LOS ANGELES LAKERS
  • LeBron James
  • Anthony Davis
  • Troy Brown Jr.
  • Lonnie Walker IV
  • Kendrick Nunn

ドノバン・ミッチェルを加えた圧倒的スターター、そして控えメンバーも強力なキャブス。

7勝利1敗と好調を維持していますが今日はどうでしょうか。

レイカーズはパトリック・ベバリーに代えケンドリック・ナンがスターターに入ったスモールラインナップで迎え撃ちます。

シックスマン賞候補を目指すという噂のラスはどうなるでしょうか笑

GAME

序盤からFG%低いキャブスをレイカーズがリードする展開からスタート。

さらには絶好調のラスがベンチから出場し、流れを加速させます。

そのままリードをキープするレイカーズですが、レブロンがスリーポイント、ミドルシュートと相変わらずの不調を継続。 フィジカルで稼ぎますが、少しOFが停滞気味になります。

キャブスはガーランドとミッチェル、レイカーズはADとラスを中心に攻め合い、互いに譲らない展開が続きます。

キャブスのゾーンDFはイマイチ効果的ではなさそうですね〜

レイカーズがリードを守り切り6点差で前半を終えます。 レブロンはどうしたんでしょう…

後半は開始からキャブスペース。

アウトサイド、インサイド、トランジションと満遍なく攻め11-0Runで一気にファーストリードチェンジします。

レイカーズは3分以上ノーポイントと苦しい展開が続き、すかさずレイカーズはラスを投入。

見事に期待に応える活躍で一進一退の展開と変わります。

しかしADが4ファールと厳しい展開は変わらず、レブロンがフィジカルでねじ込みますが、7-0Runとキャブスが再びリードしていきます。

レイカーズは再び4分近くノーポイントと停滞し、7点ビハインドで最終Qを迎えます。

最終Qもキャブスの流れが変わらず徐々に着実にリードを拡げていきます。

バランスが素晴らしいですね〜

バックアップメンバーも躍動しています。

レブロンはフィジカルでペイント内得点を20点以上挙げるなど戦い方を変え得点し、ついには久しぶりのスリーポイントも決まります。

しかし点差は中々縮まらず、ベンチメンバーと入れ替えます。

しかしマット・ライアンの連続スリーポイントを含む8-0Runで詰め寄りますが、リードを守り切ったキャブスが14点差で完勝する形となりました。

追い上げも含め、レイカーズは試合を投げ出すのが早過ぎた感じはありましたが、どうなんでしょう…?

BOX SCORE

BOX SCORE

ダリウス・ガーランド、ドノバン・ミッチェルのダブルエースガードとケビン・ラブ、セディ・オスマン、ディーン・ウェイドらベンチメンバーがそれぞれ自身の役目を果たす素晴らしいゲームづくりによる完勝したキャブス。

勝負所でもOFパターンに決まりなくどこからでも点が取れるロスターの強さはシーズンを戦う上で強みとなりそうですね~

レイカーズは再び連敗。 スリーポイントFGも30%をまた割り込みはじめレブロンの不調もありますが、全体に勢いがない感じがしてしまいます。

ベンチからラスが登場し絶好調のパフォーマンスを維持しているので、スターターにも活気が欲しいところですね~

HIGHLIGHT

 

Next Lakers Game : November 7, 2022 vs UTAH JAZZ at Crypto.com Arena

コメント